肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス:成人用)について

肺炎球菌は、高齢になるにつれて免疫力が弱くなってくると、色々な病気を引き起こす原因となります。肺炎球菌が引き起こす主な病気には、肺炎、気管支炎などの呼吸器感染症や、髄膜炎などがあります。65歳以上の高齢者では、肺炎による死亡率は、癌、心臓病、脳卒中についで高く、また抗生物質に対する耐性菌が増えているため、肺炎球菌感染の治療は困難になってきています。そこで、肺炎球菌ワクチンによる予防がますます大切になってきています。

肺炎球菌ワクチンを接種すると、肺炎球菌による感染症の80%を予防することができると報告されています。65歳以上の高齢者の方は、呼吸器感染症が流行する冬前に肺炎球菌ワクチンを接種することをお勧めします。

副反応としては、接種部位の腫れや痛み、ときに軽い発熱がみられることがありますが、日常生活に差し支えるほどのものではありません。通常1-2日で消失します。寒い冬になると老人が肺炎で亡くなることが多くなります。抵抗力の衰える高齢者の方には積極的に行って頂きたいワクチンです。

平成26年10月より、高齢者肺炎球菌ワクチンが定期接種に指定されました。対象の方は窓口負担3,000円で接種を受けることができます。当院で接種を受けらることのできる対象者は、ふじみ野市、富士見市、三芳町にお住まいの今年度中に60歳、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上になられる方で、過去に肺炎球菌ワクチンを一度も受けたことがない方のみとなります。定期接種対象外の方は自費となり、8,740円となります。いずれも予約が必要ですので、事前にお電話で予約をして下さい。


back  Home

最終更新日 2014/10/09