ヒブワクチンについて

ヒブワクチンはインフルエンザB型菌(ヒブ)に対する予防注射です。ヒブは細菌性髄膜炎や急性喉頭蓋炎など、子どもを死に至らしめることのある重症感染症の原因菌です。これらの感染症は乳幼児期に罹患することが多く、乳幼児期にかかると特に重症化します。

1990年代に入って欧米ではヒブワクチンが導入されたおかげで、ヒブによる細菌性髄膜炎が激減しました。欧米ではヒブワクチンは定期接種化されており、その有効性と安全性が確認されています。ヒブ感染症は生後1歳までにかかる頻度が高いので、生後2ヶ月を過ぎたらなるべく早めにワクチンで予防することが大切です。

平成25年4月より、ヒブワクチンが定期接種となり、生後2ヶ月から5歳未満のお子さんは公費(無料)でワクチン接種を受けられるようになりました。接種時期や接種回数は、そのお子さんの年齢によって様々ですので、接種ご希望の方は事前に当院までご連絡下さい。予約が必要ですので、前日までに予約をしてからいらして下さい。


back  Home

最終更新日 2013/03/30