インフルエンザワクチンについて

季節性インフルエンザは毎年冬期に流行します。高熱、悪寒、頭痛、関節痛などの症状を呈し、罹患すると大変つらい病気です。高齢者や乳幼児や基礎疾患のある方は、インフルエンザに罹患すると肺炎などを合併し重症化しやすく危険です。また、まれではありますがインフルエンザ脳炎や脳症を引き起こすこともあり、死亡することもある疾患です。流行期には感染しない様にマスクや手洗いが必要ですが、感染力の強い病気なのでそれだけで予防するのは困難です。ワクチンを受けていても罹患してしまうこともありますが、ワクチン接種によって肺炎などの重症化は予防できると考えられています。是非、毎年ワクチンを受けて大切なお子さんの命を守りましょう。

今シーズンのインフルエンザワクチン接種は終了しました。


back  Home

最終更新日 2017/03/02