インフルエンザワクチンについて

季節性インフルエンザは毎年冬期に流行します。高熱、悪寒、頭痛、関節痛などの症状を呈し、罹患すると大変つらい病気です。高齢者や乳幼児や基礎疾患のある方は、インフルエンザに罹患すると肺炎などを合併し重症化しやすく危険です。また、まれではありますがインフルエンザ脳炎や脳症を引き起こすこともあり、死亡することもある疾患です。流行期には感染しない様にマスクや手洗いが必要ですが、感染力の強い病気なのでそれだけで予防するのは困難です。ワクチンを受けていても罹患してしまうこともありますが、ワクチン接種によって肺炎などの重症化は予防できると考えられています。是非、毎年ワクチンを受けて大切なお子さんの命を守りましょう。

今シーズンのインフルエンザワクチン接種は10月20日(金)から開始します。接種料金は1回3950円(税込み)で、生後6ヶ月〜13歳未満の方は2〜4週間隔で2回接種、13歳以上の方は1回接種となります。予約は必要ありませんので、体調の良い時を見計らって診療時間内に直接ご来院ください。接種を受ける方がお子様の場合は、必ず母子手帳を持参してください。


高齢者のインフルエンザワクチン公費助成について

ふじみ野市、富士見市、三芳町にお住まいの高齢者の方は、インフルエンザワクチンの公費助成が受けられ、自己負担金1000円でインフルエンザワクチンの接種を受けることができます。対象者は、ふじみ野市、富士見市、三芳町に住民票のある方で@接種日に満65歳以上で接種を希望する方A60歳以上65歳未満の方で心臓や腎臓、呼吸器などに重い病気のある方、あるいは免疫機能に障害を有する方、となります。問診票は当院に用意してありますが、市町から配布された予防注射の説明書はあらかじめよく読んでおいて下さい。公費助成を受けられる期間は、10月20日から1月31日までとなります。予約は必要ありませんので、体調の良いときに診療時間内にいらして下さい。


back  Home

最終更新日 2018/01/12