麻疹・風疹混合(MR)ワクチンについて

平成18年4月から予防接種法が改定になり、麻疹と風疹の予防接種は、麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)の2回接種に変更になりました。1期(1回目)は1歳以上2歳未満で、2期(2回目)は小学校にあがる前の1年間(小学校就学前年の4月1日から翌3月31日まで)です。この期間中であれば、公費負担(無料)でMRワクチンを受けることが出来ます。

麻疹は、伝染力のきわめて強い流行性疾患で、気管支炎、肺炎、脳炎などを合併し死亡することもある怖い病気です。根本的な治療法のない現在、このウイルスの攻撃から身を守るための一番強力な味方はMRワクチンです。1歳を過ぎたら、なるべく早くにMRワクチンを受けましょう。

風疹は、麻疹に比べると三日ばしかともいわれ比較的重症化することの少ない疾患です。しかし、妊娠初期に風疹にかかると、そのお母さんから生まれてくる子供に先天性風疹症候群という心疾患や難聴などの奇形症候群が生じることがあり、その合併症が最近増加していることが問題視されています。女性の場合には、風疹のワクチンを受けておかないと子供に生まれながらのハンディキャップを背負わせる事になりかねません。風疹の抗体をしっかりつけておくためにも、MRワクチンを忘れずに受けるようにしましょう。

MRワクチンは生ワクチンですので、接種後4週間は他のワクチンを接種することはできません。詳しいことは当院、あるいはふじみ野市保健センター(TEL:049-264-8292)にお問い合わせ下さい。

back  Home

最終更新日 2013/03/30