日本脳炎ワクチンについて

日本脳炎は突然の高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどを来す重篤な急性脳炎で、死亡率は15%程度とされています。最近はワクチンの普及により減少していますが、いまでも年間10人程度の発症がみられます。3歳を過ぎたらなるべく早くに予防接種を受けましょう。

T期初回接種は、1週間以上の間隔で2回接種します。T期2回目接種からおおむね1年たったら、T期追加接種を1回行います。U期接種は9歳から13歳未満の間に1回接種します。定期接種として無料で予防接種を受けることができるのは、T期は3歳から7歳6ヶ月未満で、U期は9歳から13歳未満となります。必ず予約をしてから母子手帳を持っていらしてください。

日本脳炎ワクチンは不活化ワクチンですので、接種後1週間たてば他の予防接種を受けることが出来ます。


日本脳炎ワクチンの接種漏れ者に対する救済について

平成17年度から21年度にかけての日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控えにより、ワクチン接種を受ける機会を逸した方に対し、政府の特例措置にて救済が入ることになりました。ふじみ野市、富士見市、三芳町にお住まいの方で、平成7年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた方のみが対象となります。たとえば、1期を2回受けたけれど、追加を受けないまま7歳6ヶ月を過ぎてしまった方など、9歳になるまで待たなくても無料で接種を受けることができます。また、13歳になってしまった方も今までに4回の日本脳炎ワクチンを受けていないなら、無料で接種を受けることができます。定期接種をその期間内に受け損なってしまった方は、お電話にてお問い合わせください。


back  Home

最終更新日 2014/04/01