小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)について

肺炎球菌は、肺炎の原因となるだけでなく、菌血症、細菌性髄膜炎、中耳炎などの重症感染症を引き起こす細菌です。乳幼児では肺炎球菌に対する抵抗力が弱いため、肺炎球菌に感染するとこれらの重症感染症になりやすいことが知られています。

肺炎球菌ワクチン(プレベナー)は、肺炎球菌の重症感染症を予防する小児用のワクチンです。世界では約100カ国で接種されているワクチンで、アメリカでは定期接種化されてから肺炎球菌の重症感染症が98%減少したと報告されていて、その有効性と安全性が確認されています。

副反応としては、接種部位の腫れや痛み、ときに軽い発熱がみられることがありますが、通常1-2日で消失します。生後2ヶ月を過ぎたら、なるべく早めにワクチン接種を受けましょう。

平成25年4月より、小児用肺炎球菌ワクチンが定期接種化され、生後2ヶ月から5歳未満のお子さんは公費(無料)でワクチン接種を受けることができるようになりました。接種時期や接種回数は、そのお子さんの年齢によって様々ですので、接種ご希望の方は事前に当院までご連絡下さい。また、接種には予約が必要ですので、前日までにお電話で予約をしてから接種にいらして下さい。


back  Home

最終更新日 2013/03/30