子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンです。 HPVは、多くの場合性交渉によって感染します。発がん性HPVはすべての女性の約80%が一生に一度は感染しているとの報告があるほどありふれたウイルスで、特別な人がかかる性病とは違います。なので、性行動のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っているのです。

子宮頸がんは、婦人科領域のがんの中で乳がんに次いで発症率が高く、20〜30代の女性では最も発症率の高いがんです。子宮頸がんワクチンは10歳以上の女性に接種をすることができ、3回接種(1回目接種から1〜2ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目)をすると、感染予防に充分な抗体価を少なくとも20年間は維持できると推計されています。 このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、すでに起こっている子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。 そのような理由から、セクシャルデビュー前の10歳から15歳くらいでの接種が最も推奨されていますが、生殖年齢の女性はHPVの感染を今後も受ける可能性がありますので、予防接種を受けることをお勧めします。接種をしたから絶対に子宮頸がんにならないわけではありません。子宮癌検診は定期的に受けるようにしましょう。

平成25年4月より、子宮頸がんワクチンが定期接種化され、小学6年生から高校1年生までの女子は3回の接種を公費(無料)で受けられるようになりました。今年度は、ふじみ野市、富士見市、三芳町では中学1年生から高校1年生までの接種期間を推奨しています。それ以外の年齢で自費で接種を行う場合には、当院では1回16,500円(税込み)で接種を行います。予約が必要ですので、お電話にて予約を入れてからご来院下さい。

子宮頸がんワクチンの積極的接種の差し控えについて

平成25年6月の厚労省からの通達で、子宮頸がんワクチンの積極的接種勧奨が差し控えになりました。頻度はごく少ないものの、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がみられたためです。定期接種は継続していますので、希望の方は現在でも公費(無料)で接種することができます。よく検討した上で接種を受けて下さい。


back  Home

最終更新日 2013/08/12