BCGについて

BCGは結核菌感染を予防するためのワクチンです。乳幼児期は免疫力が弱いため、結核菌に初感染すると結核性髄膜炎などの肺外結核を呈しやすく重症化します。日本では残念ながら高齢者に結核保菌者はいまだに少なくなく、決して過去の病気ではありません。必ずBCG接種を受けましょう。

BCGの接種推奨期間は生後5ヶ月から8ヶ月で、1歳未満までは公費(無料)で接種できます。生後2ヶ月を過ぎたら、まずは肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン、B型肝炎ワクチン、ロタウィルスワクチンなどを早めに受け、その後にBCG接種を受けることをお勧めします。

BCG接種を行う医療機関については、健康カレンダーをご覧になるか、ふじみ野市保健センター(TEL:049-264-8292)にお問い合わせ下さい。当院でもBCG接種を行っています。予約が必要ですので、前日までには予約を入れるようにしてください。BCGは生ワクチンであり、BCG接種後4週間は他の予防注射は受けられません。

back  Home

最終更新日 2017/09/12