四種混合・二種混合ワクチンについて

四種混合ワクチンは、ジフテリア、百日咳、破傷風の三疾病を予防する目的で作られた三種混合ワクチンに、新たに不活化ポリオワクチンを混合したワクチンです。

ジフテリアは、ジフテリア菌が進入した局所の偽膜病変とジフテリア毒素によって生ずる病変に大別されます。偽膜病変としては、咽頭や鼻粘膜に進入した菌が扁桃に偽膜を形成し、重症になると呼吸困難を引き起こします。毒素による症状としては、心筋炎、神経麻痺があります。百日咳は、その名の通りひどい咳嗽が長く続き、呼吸困難を呈する疾患です。百日咳菌によるもので気管支炎や肺炎を合併します。百日咳抗体は母親からの移行がほとんど無いため乳児期にもかかりやすく、乳児でかかると無呼吸発作を起こすため、チアノーゼ、痙攣などを起こすことがあります。また、脳症を起こし、重い後遺症を残すこともあります。破傷風菌は土壌の中に広く分布しており、傷口から人の体内に侵入します。菌は体内で毒素を産生し、全身性のけいれんや硬直を引き起こします。これらの病気は、いずれもかかると死亡することのある怖い病気ですので、早めにワクチンで病気を予防する必要があります。

四種混合ワクチンは生後3ヶ月をすぎれば受けることが可能ですので、3ヶ月を過ぎたらなるべく早くにワクチンを受けましょう。1期初回接種は3回必要で、3週間以上の間隔で3回接種します。1期初回接種3回終了後1年たったら1期追加接種を1回受けましょう。これらのワクチンを公費(無料)で受けることができるのは、生後3ヶ月から7歳6ヶ月未満の間です。

2期接種は二種混合ワクチンを11歳〜13歳未満の間に受けて下さい。個別接種ですので病院で接種を受けるようにしてください。

四種混合ワクチン、二種混合ワクチンは不活化ワクチンですので、接種から1週間経てば他のワクチンを受けることができます。

back  Home

最終更新日 2015/09/01